看護師として病棟で働くとなると、日勤以外にも夜勤というシフトがあります。夜だけや朝だけのシフトであれば良いのですが、大半の女性が日勤と夜勤を織り交ぜながら働いているのです。そのため、どうしても夜勤がつらいと感じてしまうケースが多くなります。ある程度年齢が若ければ、多少睡眠不足になったとしても体力でカバーすることが可能です。しかし、年齢を重ねていくと、体力だけでは乗り切ることが出来ません。そんな看護師たちは、夜勤をどのようにして乗り切っているのでしょうか。
夜勤となると、当然ですが不規則な生活になります。そこで大切になってくるのが、いかにして疲れやホルモンバランスを崩さないように調整するかということです。健康管理として大切なのが、生活リズムを極端に崩さないように心がけることではないでしょうか。看護師のシフトは、イレギュラーが無い限りは事前に何時夜勤に入るのかというのを知ることができます。そのようなことから、夜勤に備えてしっかり寝ておいたり、夜勤へ入る前にカフェインやタウリンなどが入った栄養ドリンクを飲んで、夜勤中に急な眠気が来ないように対策を打たなくてはいけません。また、夜勤に入るとどうしても女性は身体がむくみやすくなってしまいます。そういった時は、出来る限りむくみ防止用の着圧タイツやストッキングをはいて、身体のむくみをおさえるようにしましょう。
このように、事前に夜勤対策を取っておくことで、不規則な生活でも体調を崩さないで乗り切ることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です