夜勤が多い職業といえば、看護師の仕事を挙げる人が多いのではないでしょうか。入院設備がある病院であれば、ほぼ確実に夜勤がありますよね。しかし、この夜勤の仕事は女性にとってとても厄介なものです。健康や美容を保つためには、規則的な生活が欠かせないといっても過言ではありません。
たとえば、どんな生活をしている人でも、一般的に栄養を吸収して肌が生まれ変わる時間は深夜の2時ごろだといわれています。この時間帯に起きているとホルモンの分泌が上手くいかず、ターンオーバーが滞ってしまいがちです。つまり、肌の表面に老廃物をため込んでいるため、潤いや美容成分が取り込みにくい状態が続いてしまうということです。若いうちは、集中的なケアをすることで乗り切れます。しかし、歳を重ねていくと美容に関する肌トラブルにとどまらず、頭痛や倦怠感といった更年期に似た症状がでるケースもあるようです。もし、若いうちからこのような症状に悩んでいるのであれば、夜勤のない働き方にシフトチェンジするのも選択肢の一つです。
最近では、夜勤と昼勤を完全に分けて募集している病院も増えています。収入をアップさせたいのであれば夜勤のみ、健康を第一に考えたいのであれば昼勤のみなど、ケースバイケースで働く人はたくさんいるようです。「夜勤はつらいけど看護師の仕事は絶対に続けたい」という強い意志を持っている人ほど、思い切って職場を変えれば肉体的にも精神的にも余裕が出てくるかもしれません。生活にゆとりができると、仕事だけでなくプライベートも充実したものになるでしょう。
夜勤に悩んでいる人は〔こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です